プロフィール

ゆりくま

Author:ゆりくま
ゆうかちんの母で「ゆりくま」と申します。
主婦をやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2プロフ

10月18、19日 歯科矯正と水ぶくれ

18日はしゅうやんの歯科矯正日。

いつもなら将棋に行くのですが、
予約時間が微妙な時間だったので今日はお休みしました。

矯正の方は歯並びに隙間も出来、
いよいよ来月から本格的に歯を真っ直ぐにする段階に入ります。

矯正部品が変わったこともありしゅうやんは歯が痛いと言ってました。
ここが正念場なので我慢のしどころです。

この日は近場でアイカツの大会があり
珍しく主人もゆうかちんに参加を勧めたのですが、
ゆうかちんはどうも気が乗らなかったようで家で宿題してました。

主人はこれでアイカツも卒業と思っているようでホッとしてるようです。
果たして、どうなることやら・・・。

19日はゆうかちんが朝起きると唇に水ぶくれができていて、
痛痒いというので膚科科に連れて行きました。

病名は「ヘルペス」。
皮膚が弱く最近お疲れのゆうかちん。

抵抗力が落ちたのかな???

ゆうかちんが元気になることを願う私なのでした。
FC2 Management

10月11~13日の三連休 アイカツ2015シリーズ最初の大会

10日はゆうかちんとしゅうやんの小学校の前期終了日。
2人とも前期の通知表を持って帰ってきました。

しゅうやんはイマイチな成績。
本人ももう少し足りなかったと自覚はしてました。

一方、ゆうかちんはグダグダな成績にも関わらず
「頑張ったからいいんだもん」と開き直ってました。

これは主人も看過できずゆうかちんは相当怒られていました。

12日はアイカツ2015シリーズ最初の大会に参加しました。

会場は近場の三島市のイトーヨーカドー内のゲームセンター。
定員は小学生以下16人。

出場出来るか心配でしたが、
定員割れのため早々に参加決定です。

枠抽選の後、早速大会開始。

ゆうかちんの1回戦 相手は、同じ年くらいの女の子

ゆうかちんも相手も共にDreamy CrownのPRです。

結果はアピール1、2回目を相手に取られ、
3回目はかろうじて引き分けに持ち込みましたが、
コイン数も40:2で相手が多く完敗。

あまり練習してないので、
曲のリズムがまだ上手くできないようです。
そして相手の子もとても上手でした。

今回のコイン数に大きな開きがありましたが、
チャームの中にはコイン数が増えるものがあるらしく
そのチャームを相手が持っていたことが原因らしいです。

ゆうかちんが言うにはそのチャームは以前のシリーズの時に
何かをしていないともらえなかったようで、ゆうかちんには手に入らないらしいです。
仕方がないので、アピールが取れるように頑張ると言ってました(笑)

13日は先週に続いて台風が接近したため塾も公文もお休み。
ゆうかちん、しゅうやん共に喜んでいましたが、
ただでさえ成績が悪いのに休んで良いものか?と悩む私と主人なのでした。

10月4、5日 台風18号と小学校の休校

2日はアイカツの2015シリーズが稼働。

ゆうかちんに頼まれた私はゲームセンターへ。

この辺はガンバライド時代と変わりません(笑)


アイカツのゲーム画面がガラッと変わったので、
あまりよくわからないままプレイしてきました。

プレミアムレアも全部ではありませんが、
数枚排出できたので良かったです。

学校から帰宅したゆうかちんに見せると大喜びでした。
大会までにはプレミアムレアを揃えたいと
まだまだやる気満々のゆうかちんです。

4日の午前中は宿題、午後は将棋教室。

将棋教室の後はゲームセンターでゆうかちんはアイカツの練習です。
一方、しゅうやんは妖怪ウォッチ。

練習中に残りのプレミアムレアも全て排出できたので大会準備は万全。
ガンバライドと違い、アイカツはプレミアムレアが揃えやすいので助かります。

アイカツはカード排出パターンを研究されている方が多く
ブログがたくさん立ち上げられています。

その情報は結構正確でカード収集には大変役立ちます。

ただ、新弾では星座ではなくチャームを集めないといけないようで、
早速その収集もはじめました。


5日は地区の運動会でしたが、台風の影響で中止になったので
どこも出掛けず家でツタヤで借りたDVDをずっと見てました。

ゴレンジャーをVO.1~14まで全巻借りて見たのですが、
今の戦隊物のような派手さはなくとも
なかなかドラマ性があって面白かったです。

しゅうやんもゆうかちんもかなり気に入っていました。

流石レジェンドですね。

週明け早々は台風で休校が早々に決定。

台風の被害が少ないことを祈る我が家なのでした。

9月27、28日 久能山東照宮と日本平動物園に行く

25日の土曜日はいつも通り公文や塾などの宿題、その後は将棋。

26日の日曜日は天気も良くお出かけ日和。

家族会議の結果、久能山東照宮と日本平動物園に行くことに。

東名高速清水インターで降りて先ずは久能山東照宮へ。

久能山東照宮へのアクセスは2つ。

1000段以上の階段を上るコースとロープウェーで行くコース。
アウトドアに力を入れるはずだったのに根性のない我が家はロープウェーを選択(笑)

ロープウェーで行ったのでかなり楽かと思っていたら、
階段が思ったより多く、1段の高さも高くなかなか大変でした。

IMG_2482-1_convert_20141005220653.jpg

ロープウェーのガイドさんの話では
久能山東照宮は戦国時代には元々久能城というお城だったそうです。
築城したのは有名な戦国武将の武田信玄。

徳川家康が亡くなった後、
その遺命により2代将軍・秀忠が家康のお墓と東照社の社殿を建て
現在の久能山東照宮になったそうです。

由緒ある場所なんですね。

徳川家康のお墓をお参りし博物館を見学した後
疲れたのでお茶屋で抹茶を頂きました。

IMG_2488-1_convert_20141005220710.jpg

ゆうかちん、しゅうやん共に抹茶を気にいったようですが、
正座に慣れていないので足が痺れてしまいました・・・(笑)

次いで日本平動物園へ。

IMG_2533-1_convert_20141005220625.jpg

動物好きのゆうかちんはテンションが上がってますが、
動物アレルギーのしゅうやんはテンションが下がってます(笑)

ここは2度目の訪問なのですが、
リニューアルされており以前に比べて展示の仕方が随分と変わりました。

旭山動物園をモデルにしているようで
動物に配慮しつつも非常に臨場感がありとても良くなっていました。

IMG_2531-1_convert_20141005220554.jpg

我が家は旭山動物園には行ったことがないので
そことは比べられませんが、今まで行った動物園の中でも一番良かったです。

ただし、まだまだリニューアル中で未完成。

ここの目玉は白熊のロッシ―なのですが、
現在ロッシ―のスペースを改築中なためロッシーには会えませんでした。

完成したら是非また来てみたいですね。

ロッシ―には会えませんでしたが、
ロッシ―のお嫁さんとして来ているバニラには会えました。
白熊好きな我が家はじっくりとバニラを眺めました。

このバニラはロッシ―のお嫁さんとしてわざわざタイから来たそうです。

動物鑑賞の後は実際に動物に触れ合うために
ゆうかちんと主人はふれあい広場へ。
勿論、私としゅうやんは休憩所で座って待ってました。

ゆうかちんはウサギやひよこ、モルモットをだっこしたり
膝にのせたりと大満足だったようです。

IMG_2498-1_convert_20141005220536.jpg

最後は日本最長のローラー滑り台を楽しみました。
これは山の斜面に設置されており、
スタート地点まではゴンドラ(有料)に乗って向かいます。

私は滑りませんでしたが、
一緒に滑った主人はやぶ蚊にかなり悩まされたようで
何か所も刺されてかなり大変だったようです。

なぜか、ゆうかちんとしゅうやんは刺されなかったようですが・・・。

そんなこんなで楽しい週末を過ごした我が家なのでした。

9月20、21日 歯科矯正の土曜日とパターゴルフ

20日は午前中に塾や学校、公文の宿題を済ませて、午後からは将棋。
夕方には歯科矯正ととても慌ただしい一日でした。

と言っても忙しいのはしゅうやんのみ。
ゆうかちんは家でのんびりDSの妖怪ウォッチをしてたようです。

21日は御殿場市にある樹空の森に遊びにいきました。
ここにはアスレチックやパターゴルフがあり、アウトドアを満喫できます。

パターゴルフですが、18ホールもあってなかなか本格的。
ゆうかちんとしゅうやんもここでパターゴルフをするのが大好き。
家族で遊ぶとなかなか楽しいですよ。

パターゴルフ終了後は無料のアスレチックを少し遊びました。
私は、見てただけですが(笑)

閉園後は隣接する御胎内温泉へ。

我が家はここに2週間に1回ぐらいの割合で通っています。
家からは近いし料金は手頃だし食事もできるし、お気に入りの場所です。
パターゴルフで遊ぶと割引してもらえます。

休日を温泉でのんびり過ごす我が家なのでした。